リンパ浮腫の診断、検査

 リンパ浮腫の患者さんのほとんどは、圧迫療法やリンパドレナージなどの保存療法を行うことで症状が改善します。しかし、中には思うような効果が得られないこともあり、そのようなときにはリンパ管機能をみる検査を受けてみることをおすすめします。リンパ管の機能は、見た目からはわかりませんし、足や腕の太さとも関係ありません。リンパシンチグラフィやICGリンパ管造影などの検査が必要です。リンパ浮腫の治療法を決めるときには、現在のリンパ管の機能を調べておくことが重要です。JR東京総合病院ではリンパ管機能検査を重要視しており、リンパ管機能がいい場合、悪い場合、それぞれに応じて治療法をご提案します。

リンパシンチグラフィ

2018年保険適用になりました!

国際的には標準検査となっており、リンパ管の全身的な機能評価ができます。診療方針を決定するにあたって、最も重要な検査です。 深いところのリンパ管まで見えます。

 

指の間に薬剤を注射すると、この薬剤がリンパ管に取り込まれ、リンパ管の力の強さや、どこにたくさんリンパ液がたまっているかなどがわかります。

 

少し大ざっぱな検査なので、リンパシンチグラフィでリンパ管が見つからなかった場合も、他の検査をすればリンパ管が見つかることもあります。

ICGリンパ管造影

新しいリンパ管機能検査です。ICG(インドシアニングリーン)という薬剤を指の間に注射すると、深さ1cm程度までのリンパ管をリアルタイムで観察できます。

 

軽症、早期のリンパ浮腫の患者さんの診断、また手術直前のリンパ管探しに最適な検査です。

 

リンパ浮腫の部位が鮮明に映し出される様子を、患者さんやご家族にも実際に見ていただける、わかりやすい検査です。

超音波検査 (最新)

痛みもなく、身体に負担のない検査です。超音波検査には2つの目的があります。

 

1つ目は、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)との鑑別診断を行うことです。

 

2つ目は、手術前に皮下静脈やリンパ管の位置や状態を確認することです。最新の技術では、0.5mm程度のリンパ管が観察できるようになりました。リンパシンチグラフィでリンパ管が見つからなかった場合も、超音波を使うとリンパ管が見つかることが多いです。


JR東京総合病院 リンパ外科・再建外科 原尚子

〒151-8528 東京都渋谷区代々木2-1-3

☎ 03-3320-2210(代表)